忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

6万軒の調剤薬局
11月の終わり。どうも最近、顕著に贔屓の将棋棋士の勝敗に一喜一憂してしまうのがいけない。集中力がそがれるし、何より勝った時は気分が良いが、負けた時に影響が出る。野球を見ていてもこの傾向は出るから、悪しき癖になってしまっているらしい。

 NIKKEIから。国内には約5.9万店の調剤薬局があり、その数はコンビニよりも多いのだと聞いてビックリ。しかもずーっと右肩上がりでの増加。薬の値段は公定価格で院内でも院外でも変わらないが、院外は薬剤師の技術に対する報酬が手厚い。同じ薬なら病院の方が安い。院内で全て処方すれば現状との差額は年1.7兆円にもなる。
PR

コメント

コメントを書く