忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

3つの”き”
繋がる。ある知識がハブ(拠点)の役割をしていて幾つかの知識がまとまる時、そのハブとなる知識を知らないといつまでもその周辺の知識群がまとまらず理解が深まらない場合がある。そんな時、そのハブ知識を得るとグッと分かった気になる。一方、それが知る・知らないに限らず、気付く、気付かないの場合もある。知ってはいたがその繋がりに気付かないということ。いずれにせよあまり簡単に分かった気にならず、繰返し理解を深化させる努力が必要。

 管理職に必要な3つの「き」。女性の品格著者坂東真理子氏インタビュー記事。「3つの“き”とは期待、機会、そして鍛えるの3点セット。男性には日常的にそういう言葉をかけても女性に対してはそこまで無理してやらなくていい、という発想の管理職がまだまだ多い。鍛えるというのは相手を否定するような言葉で怒鳴ったり、無理強いしたりすることではない。今持つ100%の力より10%くらいだけ高い負荷を与えること。その上でその人の強みを見極め、それを生かし少し難しいハードルをクリアする機会を与えるということ」(NIKKEIから)。
PR

コメント

コメントを書く