忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

6月危機
街中に出ると、ほぼ全員マスク着用。日本人の社会性が高いことの象徴のようにも見える。一方、朝夕の電車の混み具合は、緊急事態宣言下で依然としてコロナ以前とは違う。解除後はどうなるか。大企業を中心に今後テレワークの継続も一定程度進みそうで、満員電車が過去のものとなるとそれは画期的なことになる。

 6月危機。トヨタ自動車が2020年度の業績予測を80%の減益と発表したが、足下では自動車関連部品を扱う中小製造業の多くが悲鳴を上げている。日経新聞によるとそれは「6月危機」とも呼ばれる。中小製造業は普段、手元資金の3か月分を確保するのが精一杯。受注の減り始めから6月は3ヶ月が経ち、最初の山場が来る。現在、7月以降の注文がゼロという企業も珍しくない。業界では今後企業救済策としてM&Aが本格化するとの見通しも出る。一部業種を除き、日本経済はこれからが正念場を迎える。
PR

コメント

コメントを書く