忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

食品廃棄問題
幸せの木と呼ばれるマッサンの添え木の補強。うちに来てもう15年以上で、おそらく2mに近い。鉢を変える度に大きくなる。かつては飼っていた犬に食べられたこともあったし、冬に全く枯れてしまったこともあった。それを乗り越えて今。天気予報、晴れが外れて曇り、一時雨。

 NIKKEIから。食品廃棄問題に取り組むスタートアップ企業。スマホアプリ、エプロンを運用するエムプロジェクト社。外食店や食品小売店の予約の突然のキャンセルや天候悪化などで余った食材を消費者に割引価格で提供している。同社は1回当たり100円の手数料を取る。ターゲットは経済的余裕のないシングルマザーや高齢者。一方、バリュードライバーズ社も同様の取組。サイト「たべるーぷ」で賞味期限が近くなった商品や形の悪い野菜などを販売。同社は商品が売れた場合、15%の手数料を得る。
PR

コメント

コメントを書く