忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

食べる通信
気温は25度近くまで上がる。愛犬を洗う。すぐ乾く。「トヨタ生産方式」を読み返し始める。

 ちょっと前の日経から。隠れた逸品「食べる通信」の記事。食べ物付き情報誌「食べる通信」が全国に広がっているという。2013年に岩手が発祥。現在は北は北海道から南は沖縄まで38か所。発案者の高橋氏は震災直後に都市住民がボランティアで東北を訪れたが、都市と地方の交流を続ける方法はないかと考え、農産物を届ける「東北食べる通信」を13年7月に創刊。収穫物には限りがあるため購読者を直ぐには増やせないが、現在「東北食べる通信」の定期購読者は約1,200人。高橋氏は「やりたいのは宅配ビジネスではない。生産者と消費者が互いに顔の分かる関係を築けるような手助けだ」と強調する。
PR

コメント

コメントを書く