忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

鉄道の遅延問題
仕事は準備・段取りが大事だが、相手がある場合には柔軟性を保つこともまた大事。将棋の様に相手の手は自分では決められないから、こちらが指した手に相手がどう反応するか、それにより出方を臨機応変に変えないといけない。ここら辺がいわば「腕」ということになるが、やはり幅広くネタを揃えておく必要がある。

 NIKKEIから。「首都圏鉄道、隔日で遅延」。日本が世界に誇った鉄道の定時運行が揺らいでいるという。首都圏の路線では平日朝の遅延が目立ち6割超の路線で1日おきに起きている状態。1位は中央・総武線だが、私がよく使う宇都宮線・高崎線(2位)、埼京線(5位)となっている。遅延の要因は鉄道会社の相互乗り入れによる直通運転の拡大がある。一旦事故やトラブルがあると玉突きで遅れが広がる。もっと小さな理由は「乗車時間に時間が掛かる」「ドアの再開閉」など。今後も首都圏への人口流入が続くため、根本対策は時差出勤や在宅勤務の導入促進など。
PR

コメント

コメントを書く