忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

超高齢社会 発明の好機
仕事で都心に出向く。行きも帰りも平時の4割くらいの乗車率。これならストレスは無い。

 ちょっと前の日経。「超高齢社会 発明の好機」。立正大学の吉川洋教授談が興味深い。「GDPが年1.5%成長を続けた上で人口が年0.5%ずつ減れば1人当り所得は2%ずつ伸びる。それを35年連続続けると所得は倍になる。超高齢社会は生産性向上を生み出すイノベーションにとって宝の山。高齢者は身の回りの不便を解消するという大きなニーズを持っている。超高齢社会は20世紀のモータリゼーションに匹敵する社会変化をもたらす」
PR

コメント

コメントを書く