忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

認知症患者の金融資産
日中、風が強くて窓が開けられない。そうなるとエアコンに頼ることにもなる。今年は「生命に危険な暑さ」に類する表現を多く聞いた。ピークは明らかに過ぎたようだが、未だ30度を超える日が続く。

 NIKKEIから。認知症患者が保有する金融資産は17年度143兆円が30年度には200兆円超へ。家計金融資産は同2,070兆円なため認知症高齢者の保有割合は10.4%。円滑な資産活用対策の1つは成年後見制度だが、制度利用は5%に満たない。これを利用するには専門家へ月数万円の固定費が掛かる。これを打開するため城南信用金庫等5信金は「しんきん成年後見サポート」を発足。信金のOBやOGが後見人を引き受ける。
PR

コメント

コメントを書く