忍者ブログ
経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生知安行の聖君

日経夕刊16面「おまけ小説 味力引き出す」。販促として小説やエッセーに力を入れる大手が増えた。森永製菓のミルクキャラメルでは角田光代氏のショートストーリーが内箱の底にある。1話300字、全3話で完結する。ネットでは「1度に3箱買った」のコメントが出る。アサヒビールはスーパードライで似たような仕掛け。こちらはコンビニ限定で、購入したレシート写真を専用サイトに送るとオリジナル小説が読める。1缶につき1話で各小説は4話完結。こちらもまとめ買いのファンがいる。芥川賞作家となった又吉氏のエッセーが読めるのは味の素のブレンディアイスコーヒーボトル。
 移動日。日中は来週締切の原稿に取り掛かる。車中で読書。ホテルに着くと巨人負け。
 「日暮硯」。著:堤清二。
 「生知安行の聖君・・生まれながらにして物事の理否をよく判断する英知を備えられておられ、またその判断に従ってなんの躊躇も無く実行に移すことができる名君」

PR