忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

無人古本屋
同じことを学んでも自分のレベルによって吸収するポイントや内容が変わる。当時は良く分からなかったことが、一時経つと「そういうことだったのか」と分かる、ことがある。

 無人古本屋BOOKROAD。東京三鷹駅の近くにあり24時間365日開けっ放し。店番はガチャガチャが行うというから考えたもの。ガチャガチャは300円と500円の2種類あり、欲しい本を見つけた人は本の値段に相当するガチャガチャを買う仕組み。中に入ったビニール袋に入れて持ち帰る。お店の理念に共感し本の寄付も多いという。そのため6年前に始めて、仕入は未だ1度もしていない(NIKKEIから)。
PR

コメント

コメントを書く