忍者ブログ
経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

椅子デザインに著作権

日経15面「椅子デザインにも著作権」。実用椅子のデザインに著作権を認めた知財高裁判決の波紋が関連業界や有識者に広がっているという。発端はノルウェーのデザイナーがデザインした子供用椅子。同国のストッケ社が販売しているが、それとそっくりの椅子を販売した愛知の会社を訴えたもの。これまでデザインは意匠権で保護されてきたが、その場合登録後20年で保護が切れる。一方、著作権は創作者の死後50年まで保護される。謂わば著作権の方がハードルが高いが、実用品の場合「純粋美術と同等の高い創作性」があると認められる場合に適用される。この判決はファッション業界にも飛び火している。エルメスは「著作権で模倣品を排除しやすくなる」と歓迎する。
 地方出張1日目。昼過ぎに現地入り。日暮れまで企業廻り。日中は暑いくらいだが、日が落ちるとめっきりと涼しくなる。
 「MBA経営戦略」。著:グロービズ。
 「一般に、2倍のシェアを持つ企業は広告費や開発費については約40%増しのコストで済むといわれる。シェア40%の企業が単位当たりの広告に10万円使うならば、シェア20%の企業は14万円、シェア10%の企業は20万円近く投入しないと同じ競争の土俵に上がれない。それだけの資金を投入できないならば、広告に頼らないマーケティングを考えなくてはならない」

PR