忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

映画館のこれから
5月のこの時期にもかかわらず、日中は30℃近くまで気温が上がり汗ばむ陽気に。散歩に出ると依然戸田漕艇場の学生ボートは動く気配がない。おそらくは自粛令が出ているのだろう。広場からはジャズ・トランペットの音色。一方、日ごとにランニングをする人が増えている感じ。ここの光景に限ると、コロナウイルスの脅威があることを忘れるくらい。

 映画館のこれから。東京商工会議所によると東京都内で休業要請の対象となる事業所は約11万か所で、都内の全事業所の2割に及ぶ。その中には連日話題となるパチンコ店を含む娯楽産業も含まれているが、映画館もその1つ。映画館は3月の売上が前年の3分の1、4月はほぼゼロになるところも出ているという。3密の典型とも言える営業形態だけに、今後の業績回復は非常に厳しい見通し。日経新聞によると、ネット配信やクラウドファンディングに活路を見出した事業所が紹介されているが、コロナ対策は長期化の様相を見せており、他の創意工夫が難しい中小映画館がこの危機を機会とするのは容易ではない。
PR

コメント

コメントを書く