忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

小売現場の労災事故
地方で緊急事態宣言が解除され、ゆっくりと経済が動き出しそうな気配。3月半ばのような無警戒な行動は学習効果もあり、大概で敬遠されるだろうから、恐る恐るかつての日常に近いレベルに近づくのだろう。問題はその期間がどのくらいになるか。プロ野球やJリーグの開幕とか明るいニュースが聞きたい。

 小売現場の労災事故。小売業は全業種で60歳以上が最も多く活躍するが、近年労災事故が急増している。事例には、脚立から落ちて後頭部を打ったり、濡れた床での転倒、やけど、切り傷などがあり、年間4,600件を超える。日経新聞によると、その原因には、①製造業等と比べ安全管理体制の不備、②同じく安全環境を整える意識の希薄さが挙げられる。スーパーなど業界では業務中の滑り止め靴の着用、脚立から踏み台へ、やけど防止手袋の着用等が広がっているという。今後はボトムアップによる危険予知等の取組が大事となる。
PR

コメント

コメントを書く