忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

図書館未返却本
頭が良くて、人が思いつかないことを考え、それをしっかりと実行できる人がいる。そういう人が成功する。しかし1割もいないのだろう。大抵は人が思いつかないことまでは何とか考えられるが、実行に移せない人だ。

 ちょっと前の日経。「図書館 本返らない」。貸し出した本が戻ってこない未返却本の対応に公立図書館が頭を悩ませている。足立区は2年間で約2万冊分の返却を断念。督促をしても費用対効果が薄い。返却されない理由は返し忘れが大半だが、入院や急な転居もある。海外では延滞料を科すことができるが日本ではできない。

 「充たされざる者」。著:カズオ・イシグロ。
 900頁を超える大作。読み終えるまでに10日はかかっただろうか。しかも中身が明快な物語になっていないところの読みにくさもある。
PR

コメント

コメントを書く