忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

人工肉
将棋王位戦は、対戦成績3勝3敗で最終戦。木村九段が勝てば、最年長の初タイトル獲得者。これまで幾度もあと一歩でタイトルに手が届かなかっただけに熱い勝負。26日夕方から夜にかけて決着がつく予定。

 人工肉。豆類の植物性蛋白質等を使い味や食感、見た目を本物の肉に似せた食品のこと。現在、中国では新興企業の市場参入が相次いでいる。中国では1人当り肉の消費量が過去15年で3割増え、豚の価格は直近1年で2倍に。人工肉にかかる期待は大きい。現状は人工肉の価格が本物に比べ1.5倍のレベル。しかし一部企業は10月から12%の値下げを決めるなど企業のコストダウン努力は今後さらに進む見通し(NIKKEIから)。
PR

コメント

コメントを書く