忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

事業承継制度
朝井リョウ氏の「何者」。よくよく考えると作家という商売は登場人物に関しキャラクター立てをしっかりやらないといけない。1人なら自分という個人の延長線上でも書ける可能性があるが、普通多くの登場人物がいるから、それぞれに独自の個性とその一貫性が無いとおかしい。そう考えていくと、今更ながらに小説家は人間に関する深い考察が必要ということを理解する。

 事業承継制度。2023年3月末までに事業承継計画を都道府県に提出し、27年12月末までに承継を実行すると有利な事業承継税制が活用できる。本来、事業承継すると現経営者の生前なら贈与税、死後なら相続税が掛かる。それが計画提出により税の支払が猶予され、その次の孫の代まで承継されれば最終的に税の支払は免除される。これは18年4月から10年間の特例措置ではあるが、年度内の届け出数は約2,900件に上り、過去10年間計2,500件を上回ったという(NIKKEIから)。
PR

コメント

コメントを書く