忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

リファラル採用
昨日の夜は、将棋・木村新王位誕生のニュースに喜んだ。中年の星とも呼ばれる。彼が扇子などによく揮毫する「百折不撓(ひゃくせつふとう)」。何度失敗しても志を曲げないこと、の意。そうありたいと思う。

 リファラル採用。社員が勤めている会社に自身の知人や友人を紹介したり推薦したりする採用手法。日本では数年前から導入例が増え始めている。日立では紹介者に十数万円の報奨金を用意する。なお人材紹介会社を通すと手数料は400万円前後まで跳ね上がる。リファラル採用は自社の社員が職場の雰囲気に合いそうな社員を連れてくるため通常の採用よりマッチング率が高まる。一方で社員が自信と同じ様な考えを持つ人を紹介する可能性があり「組織の同質性が高まる懸念」がある(NIKKEIから)。
PR

コメント

コメントを書く