忍者ブログ

サラドゥの”つれづれ”WEB録

経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

ベンチャー型事業承継
人との関係は思いがけない繋がり、きっかけで随分変わる。それは思いもよらずいきなりやってくるので、その繋がりとかをプラスに作用させようとすると、普段の自分のあり方が問われることになる。その際、やはり前向きに、プラスに物事を見ていると、そういう考えの方が相手に共感される可能性が高く、だから成功する可能性も高くなる。

 ベンチャー型事業承継。中小・零細企業の廃業問題が深刻になる中、若手後継者を支援して事業を高度化し家業を継続させるベンチャー型事業承継が広がり始めた。推進団体は大阪の支援機関で活躍する山野千枝氏が代表を務める一般社団法人ベンチャー型事業承継社(千代田区)。一般に起業の場合は自分の時間を目標事業に注ぎ込める上、人材の活用や就業規則の設定もゼロから思い通りできる。一方、承継の場合、先代経営者や古参社員との関係で変革に時間は掛かっても培ってきた信用や技術、経験が使えるメリットがある(NIKKEIから)。
PR

コメント

コメントを書く