忍者ブログ
経済社会の出来事から日常のあれこれ、その日の読書、たま~に趣味の将棋について思ったところを綴っています

ご当地クーポン

日経プラス1「観光協会ご当地クーポン」が興味深い。割引サービスはもちろん、地元だからこそのおすすめ情報が詰まったガイドブックやおまけのプレゼントが付く場合もある。例えば、神戸が発行する「神戸街遊券」は1冊1,300円で、市内の観光スポット約60カ所を対象に1,500円分の利用料に充てられる。2冊セットなら2,500円で3千円分使える。これには電車きっぷとのセット版もある。無料配布型は愛知県にある蒲郡市の日帰り温泉などが3割引きになる「がまポン」。これにはスタンプラリーも付いており、スタンプを集めると抽選で宿泊券が当たる。他に紹介されているのは札幌グルメクーポン、ぶらりひとつま味クーポン(大分県竹田市)など。
 巨人が4連敗で日本シリーズ進出ならず。こういう結果になると、CSそのものの意義にも疑問を感じるのは身勝手か。夜に歩きながら近所のコンビニを4軒廻る。便利は便利だが、こちらも過剰な便利さ。郊外に出ればコンビニも車で行く感じからすると、都会の「過剰な便利さ」もおかしいことに気づく。
 「コミュニティビジネスの成功法則」。著;コミュニティビジネスセンター。
 ガイドブックと銘打っているそのもの。ネット情報でもこれ以上のものがあるだろう。

PR